編入試験にむけて本格的に勉強を始めました。苦手だった英語は文法を基礎からやり直しながら、いろいろな大学の編入試験の過去問を解きました。社会学の入門書を3、4冊読み、興味をもった家族社会学関連の本も読んでいました。 大学入試の必需品は過去問題です。過去問題をどれだけ多く入手できるかが合格を大きく左右します。そんな過去問題は通常過去3年分しか手に入らず、編入試験を有利に進めることができません。ではどうすれば過去問題を多く入手できるのか詳しく解説しました。 お茶の水女子大学生活科学部編入学試験 【心理】 出題形式は,語句説明,穴埋め,論述など多岐に渡り,年度によって出題形式は異なります。 問題は主に,発達,臨床,教育・福祉の分野から出題されます。 情報図書館CoZは全国の編入学過去問題・大学院入試過去問題等、中央ゼミナール生のための入試情報提供システムを一般の方のために開放した入試情報サイトです。 お茶の水女子大を小論文入試で目指す方に。 お茶の水女子大学の小論文過去問に取り組むことで合格を目指します。 取り組む過去問は、過去3年分です。 受講期間は、ご入金確認日より1年間です。 各講座それぞれ、18~20年の試験問題を演習します。 お茶の水女子大学と奈良女子大学です。 お茶の水女子大学には2つ学部があり、 編入試験は秋だけなのですが、 奈良女子大学の2つの学部は、 1つが秋で、もうひとつが夏休み前にあります。 奈良女子大学の入試が早い学部でも社会学を学べるのですが、