足の疲労向けのツボはいくつかありますが、最も有名な足三里(あしさんり)の足つぼをご紹介します。江戸時代の俳人で、日本中を歩いて旅した松雄芭蕉も疲れた時に灸をすえたというツボです。 場所は、膝下外側。 豊隆 (ほうりゅう) 豊隆は、両足のふくらはぎにあるツボです。 すねの骨の外側で、ひざと足首の中間で外側の筋肉が1番盛り上がっているところにあります。 2-2.ふくらはぎの疲労をとるツボ. ふくらはぎにある4つのツボは、ふくらはぎを抱えるように、ひざを曲げて両手の親指で押してください。委中→承筋→承間→承山の順番で、片足ずつそれぞれ1〜2分程度行うと効果を高めることができます。 固いふくらはぎをほぐす方法とコツの解説です。ふくらはぎが固い…、ふくらはぎがいつもパンパンで疲れている…スポーツマンやヒールなどでふくらはぎに負担の掛かる女性に多いお悩みですが、ふくらはぎは意外とセルフケアしやすい部位です。 ふくらはぎのむくみを解消によいツボがあるみたいですね~ 「豊隆(ほうりゅう)」というツボです! 両足にあり、脛の骨の外側. 膝と足首の間くらいの筋肉が1番盛り上がっているあたりです。 そこをゆっくり垂直に押す。 これならどこでも出来ますね!

せんねん灸「とっておきの13のツボ」ほとんどの症状がカバーできる万能のツボ。動画でツボの探し方がご覧いただけます。「アラフィー」「働きざかりの男性」「キャリアウーマン」「ランナー」のとっておきのツボも紹介。せんねん灸公式 当サロンでも「足つぼ」の施術を提供していますが、施術中にお客さまから「そこ痛い!どこが悪いの?」と聞かれることがあります。足裏は『第2の心臓』と呼ばれるほど健康に大きな影響を及ぼしています。図をつかって解説させていただくので、ぜひともご覧ください。