そんなアクアは、2016年にトヨタ生産のクルマとして最短となる4年2ヶ月で販売台数100万台を突破しています。 そんな大人気コンパクトハイブリッドカートヨタ・アクアが2017年6月19日にマイナーチェンジを発表しました。 通常、約2年を目安に外観や内装にまで手を入れたマイナーチェンジ ... スタートして10mでその違い ... 車「アクア」をマイナーチェンジ.

今年で6年目で実施されるアクアのマイナーチェンジの情報をまとめています。 現行アクアは2代目プリウスのシステムを流用して徹底的にコストを抑えトヨタのドル箱的存在となっていました。 ライバルが多数存在している今、新型の一番の狙いはやはり燃費No1の奪還でした。 トヨタが販売するコンパクトハイブリッドカー「アクア」のマイナーチェンジが2017年6月19日にされました。ヴィッツハイブリッドが販売されて、値段が近いことや使い勝手が良いこともあり今のところ販売がヴィッツの方が上になっています。そこでトヨタ トヨタのアクアは、2017年のマイナーチェンジによって乗り心地が改善されたとされています。 マイナーチェンジ後でも乗り心地は硬めですが、路上のデコボコが伝わりにくく、段差を越えた時に感じられた粗さも減少しました。 新しい自動車が発表されるときに耳にする「マイナーチェンジ」や「フルモデルチェンジ」。なにが変わると“フルモデルチェンジ”で、なにが変わらないと“マイナーチェンジ”になるのか。わかっているようでよくわからない2つの違いを解説します。 2011年12月発売の現行型アクア(nhp10型)は、これまで大きなマイナーチェンジを2回行っています。 初期モデルが前期、1回目のマイナーチェンジ後が中期、そして2回目のマイナーチェンジ後が後期とな … アクア (aqua)は、 ... アクアとは違い、ボディーカラーはイエローを除いた9色がラインナップされる。 ... 基準車のマイナーチェンジに伴ってベースとなる車体を刷新したため、それに併せてサスペンションのリセッティングを実施。