(アメリカでは幼稚園年長から高校卒業までの13年間を「k-12」と呼び無償教育が行われます。中高大の入学年齢制限はなく、飛び級制度もある代わりに留年もあります。 アメリカの学校とは. 留年がある一方で、学力が十分とみなされれば、場合によっては飛び級が可能なのもアメリカの教育の特徴です。成績が優秀であれば、小学校のある学年をスキップしたり、中学校の全学年分の学習をたった1年間で終えたりすることもまれにあるようです。

日本とアメリカの教育制度と特徴を詳しく紹介します。飛び級、留年、ホームスクーリング、その他モンテッソーリ教育、シュタイナー教育など多種多様です。 学業優秀な生徒は飛び級ができたりGATE教育(ギフテット:Gifted and Talented Education)のように、特に秀でた才能を持った生徒を対象とした特別制度もあり、個性を伸ばす教育が行われています。 アメリカの新学期は8月から始まります。