中川祐輔さんは、クラウド会計専門の税理士として、約2年前から開業されています。クラウドという新しい概念をどう受け入れ使っていくかだけでなく、中川さんの前職での経験談を通じて、変化の時代に対応するためのヒントをお届けします!

クラウド会計ソフト各社の会社設立支援サービスについて 【※2020年1月21日更新】 これまで株式会社や合同会社等の法人を設立する際は行政書士や司法書士に丸々代行してもらうケースがメインだったか … 人気のクラウド会計ソフトや弥生会計、ミロク、ソリマチ会計王等のインストール型のオススメ財務会計ソフトの比較ランキングを掲載中。中小法人や個人事業主に適した安価な値段で導入可能な各種サービスをぜひ利用してみてください! クラウド会計システム「勘定奉行クラウド」は、勘定奉行の使いやすさはそのままに、入力の自動化や学習機能、会計士・税理士と一緒に使えるサービスで、今まで以上の生産性を実現できます。世界トップレベルのセキュリティや充実したサポートで導入後も安心・安全に使えます。 このようにクラウド会計はインターネットバンキングと連動しているため、金融機関はクラウド会計で作成された株式会社や合同会社などの損益計算書を信頼します。 社長の承認さえあれば、損益計算書を金融機関はクラウドで情報共有することができます。