手の甲脂肪注入 【コンデンスリッチファット(手の甲)】 <金額>458,200円(税別)< 回数>1回 <リスク・合併症 >・むくみ:手の甲のむくみが約1週間程度ありますが、徐々に引いていきます。 コメント ご自身のいらない脂肪を脂肪吸引で採取して、手の甲に注入しました。 コンデンスリッチ豊胸後の3大ダウンタイム「腫れ」、「痛み」、「内出血」のおおよその期間をお答えします。 腫れ(むくみ)によるダウンタイム:1〜2週間程度. コンデンスリッチフェイスをやって3週間。10日〜2週間くらいで、笑っても触っても完全に痛みや違和感がなくなり、それと同時に脂肪が吸収されたような、つまりアンパンマン感がなくなってきまし … コンデンスリッチ豊胸後、バストの違和感として気になるのが腫れです。脂肪を注入したことで起こるこの症状は、術後1週間がピーク。胸が張っているような感覚を覚えるでしょう。 <脂肪吸引部位> 脂肪吸引した部位では腫れの他にむくみも現れます。 コンデンスリッチ豊胸後、バストの腫れは1週間程度でおさまります。 コンデンスリッチ豊胸のダウンタイムに関することを中心に経過症例やよくある質問、コンデンスリッチ豊胸とは何か、ダウンタイムの快適な過ごし方、コンデンスリッチ豊胸の特徴、オススメの人、施術の流れまで紹介しています。 ハリと潤いを蘇らせ、ふっくらと丸みを帯びた健康的な素顔を形成できるコンデンスリッチフェイス法(crf)について詳しく解説。若返り効果を施術前後の写真等でわかりやすくご紹介しています。 コンデンスリッチフェイスとは 自分自身の脂肪を活用し、シワやくぼみなどにハリと潤いを蘇らせ、目立たなくさせる方法です。 採取した脂肪を遠心分離機にかけ、コンデンス(濃縮)技術で不純物を除去し健全な脂肪だけを注入するため、従来の脂肪注入法よりも定着率が上がりました。