シロツメクサの花言葉は・・・ 『私を思って』『約束』『幸福』という意味があります。 今まで身近な、お花だったので花言葉を調べたことが無かったのですが. 春がくる。野原いちめんのシロツメクサ。花かんむりを編んで、お姫さまごっこをした。四葉のクローバーは本に挟んで、いつまでも取っておいた。幼い日々――。シロツメクサは記憶を運んでくれる。シロツメクサの炒め物昼ごはんのおかずを作ろうと、冷蔵庫を開 白詰草(シロツメクサ)の王冠を簡単に作るコツや、最後の輪っかの閉じ方をご紹介します。花かんむりは勿論、腕輪(ブレスレット)や指輪等その他アクセサリーにも応用できます。たくさん摘んで、色々と手作りの輪飾りを楽しんで下さいね^^ シロツメクサの別名は「クローバー」で、みなさんはこちらの方が馴染み深いかもしれませんね。 漢字では「白詰草」と表し、日本には、オランダから輸入されたガラス製品の梱包のための詰め物として利用されたことから「詰草(ツメクサ)」と言われるようになったとされています。 クローバーとシロツメクサは同じものだとあなたは知っていましたか?クローバーの別名がシロツメクサなんですが、わたしは最近までずっと別の物だと思っていました^^; そんなクローバー・シロツメクサの花言葉は幸運、わたしを思ってなど幸せなイメージを想像させる意味を持ちます。 シロツメクサは、別名「クローバー」と呼ばれ、一般的には「幸運」といった花言葉が浸透していますよね。しかし、「シロツメクサ」の花言葉には「幸福」とかけ離れた意味の「復讐」という花言葉もあります。なぜ、真逆の意味の花言葉もあるのでしょうか。