Chapter 9 高度な機能を使用したグラフやテーブルの作成. 「そのピボットテーブルのフィールド名は正しくありません」 この謎の エラーメッセージ は、次の操作を行なうときに出る可能性があります。 ・ピボットテーブルを新しく作成したとき ・ピボットテーブルの「更新」ボタンをクリックしたとき このエラーメッセージ、原因自体は非常に簡単 登録の時と同様、集計フィールドを表示し、名前のドロップダウンリストを選択します。 ピボットテーブルは、たった数回のマウス操作だけで、大量のデータ集計や分析がいとも簡単にできてしまいます。難解な数式や関数は必要ありません。 今回は、仕事で毎日エクセルを使用する筆者が、ピボットテーブルの上手な使い方を解説します。 このピボットテーブルのレポート内に集計アイテムを追加してみます。 具体的には a-001bとa-001w を合計した集計フィールドを作成してみます。 フィールドのラベルを選択します。 ピボットテーブル ツールのオプションタブを選択します。 ピボットテーブルの中のセルを1つ選択すると、 画面右側に「ピボットテーブルのフィールド」作業ウィンドウが表示されますので、 削除したいフィールをクリックします。 リストから「フィールドの削除」をクリックすれば、削除できます。 ピボットグラフを作成する、管理する. ピボットテーブルからピボットグラフを作成するには; ピボットグラフの種類を変更するには; ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成するには ピボットテーブルでは、「どの列のデータを集計するか」をこのリストから選びます。 ピボットテーブルの中に、 「レポートを作成するには、[ピボットテーブルのフィールド リスト] からフィールを 選択してください」 と書いてあります。 Excelで大量のデータをさまざまな切り口で分析するには、「ピボットテーブル」の機能を使います。しかし、名前を聞いたことがあっても、実際には使ったことのない人もいるでしょう。ここではピボットテーブルの作成と編集の基本操作を見ていきます。 追加した集計フィールドを削除する方法です。 ピボットテーブルのレポート内を選択して、ピボットテーブルツールを表示します。 ピボットテーブル ツールのオプションタブを選択します。 集計フィールドを削除する topへ. ピボットテーブルを操作するのに必要な、画面右側の[ピボットテーブルのフィールド]作業ウィンドウ。 (Excel 2010では、[ピボットテーブルのフィールドリスト]という名前です。) これが消えてしまったときの原因は、下記のいずれかのはず。

あなたの無駄な残業の原因は、失敗にあるかも?たとえ失敗をしても、その原因と対策を知っていればすぐにリカバリー!時間のロスを防いで定時退社できます。今回は、Excelの中でも業務で非常によく使うピボットテーブルの3大失敗を特集します。 「ピボットテーブルオプション」画面が開きます。 「データ」タブから「データソースから削除されるアイテムの保持」を見ると「フィールドに保持するアイテム数」が「自動」になっています。 ここを「無し」にします。 新しいシートが作成され、ピボットテーブルが作成されました。 右側の[ピボットテーブルのフィールドリスト]エリアで[行ラベル]に"週"列を、[値]に"売上"列を設定します。値の列の集計方法は[合計]に設定し …

Excel2016では、ピボットテーブルを作成した時に日付のグループ化が自動で設定されるようになりました。. 例えば下のような売上数一覧の表からピボットテーブルを作成します。 ピボットテーブルを調整しても、集計フィールドが正常に集計 集計フィールドの更新・削除. エクセルのピボットテーブルで、フィールドリストが表示されない場合、フィールドリストを表示させる方法を紹介します。フィールドリストでピボットテーブルの編集をしたい時、フィールドリストが消えてしまったことはないでしょうか。