政府が2020年9月をめどに始める、マイナンバーカードを活用した新たな消費活性化策「マイナポイント」の概要が明らかになってきた。決済金額に対する還元率を25%、1人当たりの還元上限を5000円とする案で最終調整に入ったもようだ。 ②マイナンバーカードと健康保険証との一体化を円滑で確実に実施する必要があります。 ③これらを含め、マイナンバーカードの普及策や、マイナンバーの利活用促進策を更に検討す る必要があります。 第二に、情報システムについて、・・・(中略) マイナンバー カードを活用した 消費活性化策のこと 民間キャッシュレス決済手段に、一定額の前払いなどを された方に、「マイナポイント」を付与します。 ※制度の詳細は検討中です。 マイナンバーカードの電子証明書の更新案内が届いた方に、代理で更新手続をすると言って、マイナンバーカードと暗証番号をだまし取ろうとする不審な電話に注意してください。 見知らぬ第三者にマイナンバーカード及び暗証番号を渡してはいけません。 Ⅱマイナンバーカードの普及とマイナンバーの利活用の促進 1.自治体ポイントの活用 (1)制度設計等(基本的な制度設計について、検討を加速し、結論を得次第、順次広報を実施。) (2)環境整備(本年末までに、協議会への全地方公共団体の参加勧奨。