三角形の面積を出すには、底辺の長さと高さが必要である。 x軸、y軸のどちらかに平行な辺を底辺にすれば底辺の長さと高さが得られる。 もし軸に平行な辺がない場合は。「三角形を切断して2つに分ける。 高校数学の三角関数が苦手でもsin(サイン)・cos(コサイン)・tan(タンジェント)が理解できるよう、基本からしっかりと解説見やすいイラストを使いながら慶應生が丁寧に解説しています。文末には練習問題も用意しています。 三角関数の媒介変数表示を図形的に考えてみる 上の図のように、原点を $\mathrm{O}(0,0)$ とし、 $\mathrm{A}(1,0)$, $\mathrm{B}(-1,0)$ とします。 また、原点を中心に点 A を反時計回りに $\theta$ だけ回転して移動する点を P とおきます。 関数と図形 三角形の面積 . このページは「高校数学Ⅱ:三角関数」の問題一覧ページとなります。解説の見たい単元名がわからないときは、こちらのページから類題を探しましょう!また、「解答を見る」クリックすると答えのみ表示されます。問題演習としても使えるようになっています。