個人事業主の経費は、所得を減らし、税金を少なくするのための重要な要素です。 ここでは、個人事業主が経費で落とせない「ng経費」を10ほどあげています。 しっかり押さえて節税しましょう。 参考:個人事業主の確定申告ガイド| […] 個人事業主の方が売掛金回収不能になった場合は、貸倒引当金(かしだおれひきあてきん)として確定申告することを検討しましょう。 貸倒引当金に計上することで経費に含まれ、結果として節税効果があり … 「売掛金」は、商品やサービスの提供から代金の受け取りまで、期間が空く場合に使う勘定科目です。ごく簡単に言うと「後払いで受け取る予定の売上」のことです。商品やサービスの提供から、その代金を受け取るまでに間が空く場合、その金額はいったん「売掛金」として扱います。 【税理士監修】個人事業主として開業した方がぶつかる壁に、青色申告のための複式簿記があります。売上の処理一つとっても迷いが生じるものです。仕訳の際に結局毎回インターネットで調べている、という方のために、この記事では売上や売掛金にかかわる仕訳を網羅的に説明していきます。 売上先が倒産したために回収できなくなった売掛金・・・ そんな不良債権の処理方法としては、債権譲渡や債権放棄などが考えられます。 今回は、債権放棄した金額を経費で落とすやり方をみていきます。 売掛金として売上を仕訳していた物が、回収できなかった場合の記帳方法です。売上があっても相手側の倒産や法的なキャンセルなど、決して他人事ではありません。今回は、回収不能になった売上を取消して仕訳するまでを見ていきたいと思います。 どの項目が何の帳簿になるのか?というのは帳簿を付けたことが無い&簿記の知識が無い方には全くチンプンカンプンでしょう。私の場合は仕入れが無く経費の支払いはクレジットカードです。主に使うのは売掛帳、預金出納帳です。(人によっては買掛帳、現金出納 青色申告の個人事業主です。 回収できない売掛金の処理の仕方について教えてください。 05年11月と今年1月に請求書を発行した売掛金の回収ができませ ん。 先方は通常に営業を行っており、まだ最終取引(1月の請求が最後)から1年経過していません。 個人事業主でも利用可能な「Misocaの売掛金回収保証サービス」をご紹介!売掛金の入金遅延・回収不能になった際の保証サービスで、取引先が企業ではなく個人事業主・フリーランスでも保証対象になります。初めての取引・金額が大きい取引だけこの保証サービスを利用することも可能です。 売掛金の回収を個人事業主が行う場合、トラブルに発展する可能性があります。特にクリエイティブな分野の職種は、単価などの影響で支払い遅延が起きたり、支払いをされないこともあるのです。個人事業主が売掛金の回収をするために、内容証明など法的な対策を覚えてください。 回収不能の売掛金の仕訳で質問です。前期に商品を顧客に販売する際、売掛金1000/売上高1000立替金80/現金80(商品送料の立替え)と仕訳をしていました。その後、売掛金が回収できなくなったので今期に処理をしようと思うのですが、以下 売掛金が貸倒れたときの消費税の処理方法 貸倒引当金 貸倒れの事実が発生していない金銭債権や売掛債権は、貸倒引当金の計上を検討します。 貸倒引当金の計上方法は、その債権の状況により「個別評価」と「一括評価」の2つの方法があります。 自営業者(個人事業主)が自己破産をする際に未回収の売掛金がある場合には、その売掛金はどのように扱われるのでしょうか?未回収の売掛金は「資産」的な価値があると思われるため、自己破産の手続きで具体的にどのように処理されるのか問題となります。