個人事業主の税務調査で必ず聞かれるのが生活費です。 生活費が月に30万円かかっていたら年間で360万円必要ということになります。 なのに利益が200万円しかないと、、どこかがおかし … 接待交際費とは.
個人事業主が税務調査で否認されたらダメなこと 2019.01.23; 個人事業主が税理士を選ぶ基準とは? 2019.01.16; 現金商売の個人事業主は税務調査で狙われる! 2019.01.09; 個人事業主と法人における経費の違いとは? 2018.12.26; タグ一覧 個人事業主の税務調査において交際接待費は、非常に細かくチェックされる項目です 個人事業主は法人と違い生身の人間ですから、仕事をしている面とプライベート(家事・趣味)の面があるわけです。当然ですがプライベートで使った金額は所得税や消費税の計算上必要経費にできません。 商品券であれば交際費で落ちると思っている経営者は多いのです。デパートなどで商品券を購入して得意先に渡したりすることが多い人もいると思います。商品券はビジネス上使いやすい交際費なのです。しかし、税務調査で商品券をめぐるトラブルは多いのです。 個人事業主は、どのような確率で調査されるのか。また、調査を落ち着いて受けるためにはどうしたらいいのか。通知が来たら税務調査を受ける必要があります。慌てないために、日頃からできることをここでは紹介していきます。 税務調査来ないけど何年に1回来る? 税務調査が個人事業主に入る確率は? 税務調査が個人事業主に入る確率(実調率)は、1.1%です。(「主要税目の調査の状況(平成29事務年度)」より) この確率を年数にすると、約90年に1回税務調査が入るといった感じになります。 個人事業主の税務調査で問題になるのは個人的支出と家事費. 個人事業主が確定申告のなかで経費で落ちると思っていたものが、税務調査で経費で落ちないといわれると追徴税が発生します。 現在資本金1億円以下の会社は年間800万円まで接待交際費として費用処理をすることができます。 個人事業主に対しては年間限度額は定められていませんが、税当局は個人事業主の接待交際費全てに懐疑的な見方をしてきます。 生活費との関係. 名古屋市,愛知県の会社設立,創業,起業支援は、税理士5名,司法書士2名,社労士5名による名古屋会社設立起業サポートに。設立相談,登記,税務署届出,税務,記帳相談,決算申告,創業融資,事業計画書作成から社会保険手続,助成金,給与計算などワンストップで対応します。 個人事業主、フリーランサーは、税務上の接待交際費の限度額はないということです。つまり、個人事業主は原則として交際費をいくらでも経費にすることができるのです。この点が、法人化しないことの一番大きなメリットなのではないでしょうか。
個人事業主の支出する交際費は幅広く、必要経費への参入の可否についてはしばしば争点となりところですので、明確な判断根拠に基づく慎重な対応が求められます。 ... 法人の税務調査だけでなく、個人事業主の方や副業の税務調査もサポートしています