以前 知り合いにお金を貸したのですがその時 借用書を書かせました。借金を全額返してもらった場合、書かせた借用書の取り扱いははどうすれば良いのですか?q.1 ただ全額返済した相手に渡せば良いのですか?q.2 その際、目の前で破り 一方、公正証書がある場合には、裁判を起こすことなく、いきなり強制執行ができます。公正証書には執行力という私文書にはない効力があるのです。 借用書を作成していても無効になるケースとは? 制限行為能力者とのお金の貸し借り 第6条で公正証書を作成してもいいということを債務者に承諾してもらいます。 2.委任状の作成 この契約書をもとに公正証書を作成する訳ですが、公正証書を作成するには公証役場というところに債権者と債務者が共に出向かなければなりません。 借用書などの書類には、個人が作る「私文書」と公的機関・公務員などが職務上作成する「公文書」があります。 公文書である「公正証書※」は強い法的効力を持つ書類で、借主からの返済が滞った場合は裁判なしに借金を回収できます。 借用書の書き方に、具体的な取り決めはありません。 基本的に借用書は、自由に書くことができます。 とはいえどのような項目を記載すればいいのかわからない人は、多いと思います。 金銭トラブルを防ぐための借用書の書き方は、以下のとおりです。 近頃は離婚時に作成する離婚協議書を、公正証書にする方が増えてきたように感じます。離婚協議書で約束を交わしても、全体の約30%も守らないのですから、当然かもしれませんね。そこで今回は、そんな公正証書を自分で書く場合の書き方についてお伝えします。 付き合っていた人にお金を貸しました。別れ話になると思うので、その時に借用書は書いてもらうつもりです。公正証書が有効であるとネットで調べたのですが、イマイチよくわからないので質問します。(1)公正証書は相手の同意なく、私だけ 公正証書の場合、借用書や金銭消費貸借契約書よりも法的な強制力が伴います。公正証書の場合、強制執行という手段に訴えることができます。借用書や金銭消費貸借契約書の場合、債権を回収するためには裁判に訴えないといけませんでした。