1.任意の場所に共有設定を実施するフォルダーを作成します。 今回は例としてCドライブの直下に「Share」というフォルダーを作成しました。 送られてきたメールのリンクをクリックする。 送られてきたメールのリンクをクリックするだけで、ファイルやフォルダが開きます。 他の方法もあります。別記事に書きました。 Outlookでファイルやフォルダのリンク先を貼り付ける -方法その2- ショートカットを作成する方法は複数あります。その他の方法については、以下のリンクを参照してください。 [013734:ショートカットを作成する方法<Windows(R)8>] Windows 10 での「かんたん無線LAN」構築。「ファイル名を指定して実行」から共有フォルダーへのアクセス方法と、共有フォルダーへのショートカット作成の図説です。

まず、dドライブの直下に「共有フォルダ!」というフォルダを作成し、共有フォルダとしました。 配下には「ウォーキングデッド」フォルダと、その配下に「シーズン1」フォルダがあります。 共有フォルダ名を変更するとショートカットがリンク切れになる. 開いているフォルダーのショートカットを作成する操作は以上です。 関連情報.

以上が全てのユーザーが接続可能な共有フォルダの作成方法です。 特定のユーザーが接続可能な共有フォルダ. ただし、シンボリックリンクと比べて、ジャンクションのほうが機能的には劣っています。 具体的には以下のとおりです。 指定できるリンク先はフォルダのみ。 ネットワーク上の共有フォルダなど、ローカルでないフォルダはリンク先に指定できない。 Windows10における共有フォルダの作り方をご紹介します。社内パソコン間のファイル共有でご活用ください。また、ショートカットの作成方法やアクセス設定方法(アクセスできない場合など)も合わせてご案内します。