古典読解勉強法|たった1ヶ月で古典がすらすら読めるようになる勉強法 オススメ参考書や問題集も紹介しておくぞ! どんな参考書を使えばいいかわからないという人はこちら … 3-2古典文法の勉強法 古典文法は、ただ 漫然 まんぜん と教材を読み、授業を聞くだけでは、 なかなか成績は上がりません。 特に、古文読解に最も重要である助動詞は、接続・活用・意味を完ぺきに覚えないと役に立ちません。 センター古典(古文・漢文)で9割超の得点を獲得するための勉強法、対策の核や手 順のまとめです。センター古典(古文・漢文)で実際に満点を獲得している講師によるセンター古典(古文・漢文 )の勉強法、センター古文・漢文対策をまとめた 古文はフィーリング?古文で確実に高得点をとるには何が必要か ゼロからの古文勉強法 (1)文法のオススメ参考書 (2)古典文法学習のポイント (3)助動詞の接続の覚え方 (4)問題集・予備校テキストの使い方 以上、古文&漢文の勉強法でした!! どちらにも言えることは、まずは暗記事項を覚えてその後問題演習を積むことで成績が上がるということ。つまりは 覚えるだけでは駄目 だということです。覚えているのに、なかなか成績が上がらないと 漢文の勉強で悩んでいる人の中には、マルオ君のように、文章問題が解けないから文章問題の対策をしよう!と考えている人もいるのではないでしょうか。 しかし、その勉強法では、ほとんどの場合成績は上がりません。 「古典はフィーリングで解くもの」そんなふうに古典を甘く見ていたあなた。 受験を目前に古典の勉強法が分からなくなってはいませんか? 古典は確かに日本語ではありますが、現代の日本語とは単語や文法が異なっているので、フィーリングで解くような解き方をするのは非常に危険です。