圧迫面接の場合、大抵面接官は二人以上いる。 逆に言えば、1対1の面接で圧迫を受けることは滅多にないと思っておいたほうが良い。(面接官も圧迫をするのは結構大変だったりする) 一人が圧迫口調、もう一人がフォロー役という形で面接が進んでいく。

圧迫面接がくるかもしれないと覚悟しておらず、いきなり高圧的な態度をとられて、対応できる人は多くありません。 はじめから圧迫面接かもしれないと覚悟して、面接に臨むようにしましょう。 圧迫面接とは、面接官が就活生の対応能力を試すために、わざと否定的な態度をとったり、意地悪な質問をしたりする面接のこと。就活生にとってはできれば受けたくない圧迫面接ですが、実は就活生のストレス耐性をチェックするという意味があります。 このページでは圧迫面接について解説しています。新卒採用を中心に耳にする機会のある圧迫面接ですが、具体的にどのような面接手法なのでしょうか。圧迫面接を受けたことがある方の割合から、圧迫面接をやめるべき理由について紹介しています。 圧迫面接と捉えられやすい質問 「うちは圧迫面接なんてしていないよ」と否定したくなる人も多いと思いますが、実際問題として知らず知らずのうちに圧迫面接をしてしまっていることがあります。 面接官が4人、5人と多い…これって普通なの? 学生時代、就活で受けた面接を覚えているでしょうか? おそらく学生側が複数人で集団面接を受けることはあっても、企業側の人数が2人以上だったことはほとんど無かったですよね。