ビジネスの場では、会社宛に郵便物を出すことが多いですよね。 その時、宛名につける敬称を迷ったことはありませんか? 御中・様・殿…色々な敬称がありますよね。 相手が会社などの組織なら「御中」をつける…そう思っていませんか? 実はコレ、そういった意味じゃないんですよ! いとこや友人の子供がまだ赤ちゃんから幼稚園・保育園生、または小学生の場合、子どもの宛名は書くべきか、また書く場合は「〇〇ちゃん?〇〇くん?」それとも「〇〇様?」などどのように書くべきか迷われているかと思います。 今回は、・・・ 自分の息子・娘あての手紙の宛名の敬称は必要か?なにかふさわしいものがあるのでしょうか?お教えください。では単刀直入に。1.子供たちを一つの独立した人格と尊重するなら「様」2.またまだ自分の庇護のもとにいるのであれば「君・さん 宛名の書き方(封筒) 宛名は、手紙の第一印象に当たるものです。どんなに内容が良くても表書きが雑であれば好印象になりません。 上下左右1cmほどの余裕を持ち、文字のバランスや大きさを考えながら、楷書で丁寧に書きましょう。 1.子供たちを一つの独立した人格と尊重するなら「様」 2.またまだ自分の庇護のもとにいるのであれば「君・さん」 3.手紙の宛名に敬称を付けないのは、よくないと思います。少なくとも 宛名は、第三者の目に触れることになりますので。 小さな子供宛に手紙を書かなくてはいけない事もあります。 孫やおいっ子、めいっ子、勤務先が保育園や幼稚園なら、生徒に送る事もあるかもしれませんね。 子供宛の封筒の書き方でポイントになるのは、あくまでも受取人が子供であること。 年賀状の宛名の書き方 夫婦宛や子供がいる場合は?敬称の書き方や位置は? 比較的親しい人へ送る場合の年賀状は、あまりかしこまった文面にする必要はなく、普段通りの言葉を使い、近況報告をかねて送るようにすると書きやすいでしょう。