反抗期には、大きく分けて3つあります。 第一反抗期; 中間反抗期; 第二反抗期; 第一反抗期は2歳頃に発症するイヤイヤ期。第二反抗期に発症するのが、思春期です。 そして今回ご紹介するのが、 小学2年生・3年生頃に発症すると言われる中間反抗期 です。 もし、ご自身が書いていた育児日記などが残っていたら、そのときどう対処したのか振り返ってみると改善への近道が記載されているかもしれません。 まずは、子供の存在を認め、子供の行動を肯定してみましょう。何でもダメ、では子供は成長せず、� 子供の反抗期は成長の証だとわかっていても、喜ぶべきものだといわれても、その渦中にいる時は、悠長な対応なんてできるはずがない! 中学生高校生ころには親のイライラも暴走して、関係性は悪化の一途。対応を間違うと、ますます対立はひどくなって、泥沼状態。 低学年の反抗はイヤイヤ期に似ている . いままでの「素直なかわいい子」から、理由もなく「反抗的」になるからです。 高学年の女の子にもなってくると反抗期を迎える子が非常に多いと思います。 高学年女子の反抗期に悩まされる親は多いと思います。 高学年の女の子の反抗期の原因を知り、しっかり乗り越えていきま … 息子(小4)の反抗期について。息子が反抗期です。『宿題をやって』と言っても、「宿題をやる意味が分からない」「なんでお母さんの言いなりにならなきゃいけないの? 反抗期の娘への対応はどのようにすればよいでしょうか?女子特有のものはあるのでしょうか? 娘に反抗期がくると、たいていの親にとっては 「悩みの種」 になると思います。. 小3・小4女子の反抗期の特徴は? 小3や小4の頃から始まる反抗期は、「中間反抗期」と呼ばれます。この頃の子どもは、まだ子どもの要素が強いので、扱いやすいかもしれません。そこでまずは、小3・小4の反抗期の特徴や親ができるサポートをご紹介します。 小学5年生になると徐々に反抗期に入る子供が多くなってきます。 娘の通う小学校では圧倒的に小学五年生での問題が多いです。 学校だけでなく我が子も小学五年生で反抗的な態度を取ることが出てくるかもしれません。 どうして反抗期があるのでしょうか?