条件付き書式を使って縞模様の行や列を適用する. Excelでセルを1行おきに色をつける方法について解説します。「塗りつぶし」の機能を使って色を設定してしまうと、資料の行を並べ替えた時に「一行ごと」が崩れてします。条件付き書式とMOD関数・ROW関数をつかってデータの並べ替えに強い色付けを解説します。 エクセル 2019, 365 の行や列に条件付き書式を設定する方法を紹介します。行全体や列全体に対して 1 つの条件で書式を設定できます。1 行おきや 1 列おきに背景色を設定する方法も紹介します。 条件付き書式で行単位で塗りつぶす(例1) Topへ. 条件付き書式ルールを使って、特定の行や列に別の表示形式を適用することもできます。 これを行うには、次の操作を実行します。 ワークシート上で次のいずれかの操作を行います。

下図のI2セルで選択した県のデータ行を目立つように薄い緑色で塗りつぶしたいと思います。 条件付き書式を設定するセル範囲 B2:F9を選択します。 条件付き書式で、次のように設定したところ、結果が1行上がって表示されます。1行上がるとは、3行目が選択されないといけないのに、2行目が選択(色がつく)されるということです。数式を使用して、書式設定するセルを決定を選択し、