・ 備考欄の危険物から除外されるものについては、省略。消防法別表第一の備考および危険物の規制に関する規則、第一条の三を参照。 ・ 表中、複数の性質に該当する物品が属する品目については、危険物の規制に関する規則、第一条の四を参照。 ・ 表中、性状に記載された分類は、危険物�

個々の危険物施設に法的責務がある 危険物保安監督者 が任命されている. 消防法の危険物の貯蔵・取扱いに関する規制の概要. エタノールの消防法上の大分類は第4類であり 小分類ではアルコール類に該当します。 アルコール類の指定数量は「400l」。 特に規制無く貯蔵や取扱いができるのは、「80l未満」になります。 1l入りでは79本まで、500ml入りでは159本までです。 消防法上の規制量. 指定数量以上の危険物 の貯蔵・取扱いは、製造所、貯蔵所又は取扱所以外の場所で行ってはならない。. 各種任命者とは.

貯蔵し又は取り扱う危険物の指定数量の倍数に応じ、許可や届出が必要となります。 危険物施設 仮貯蔵・ 仮取扱い (10日以内可能) 少量危険物施設 指定数量の 1/5以上 指定数量の 1/5未満 数量によらず、 消防法により規制 危険物