|燻製ギア設計開発|燻製チーズ製造| 燻製レシピサイト-club smokeを作ったのは2009年頃。現在のupレシピは800程。初期レシピの中には、分かり難い物もあるかと思いますが、不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。 熱燻製, 魚系の燻製; 蒸しタコの燻製【お手軽・美味】 今日のランチ(ビール)のおともにタコの燻製を作った。この手の熱燻製は本当にお手軽でいい。冷蔵庫に燻製の材料さえあれば、思い立ったらすぐできる。この気楽さ、お手軽さがすばらしい。 燻製は大きく「熱燻(ねっくん)」「温燻(おんくん)」「冷燻(れいくん)」の三つに分類されます。熱・温・冷と言う言葉からピーンと来る方も多いかとは思いますが、これらの燻製法の違いは、燻製時の温度です。 干物よりもさらに保存性を高めるのが燻製。 干物では抑え切れない「脂の酸化」や「細菌の発生」 これを解決してくれますし、燻製にしかない風味や味わいも加味されます。 燻製の製造は大きく分けて、 ・低温で長時間燻煙する「冷燻」 燻製をする際の3つの方法. 燻製器を使う場合には、炭や電熱器などで熱源を用意してあげる必要があります。 熱燻法による代表的な燻製. 燻製料理はその独特な風味と保存性の高さが特徴で、お好きな方はご自宅やレジャーシーンで自家製燻製料理を作っています。 今回は、「自宅で燻製料理を作りたい」「バーベキューで燻製にチャレンジしたい」といった方のために、野外料理研究家のベアーズ島田 魚の燻製の作り方. 燻製作りは温度によって3つに分けれます。 ・冷燻:30℃以下で燻製 ・温燻:30~80℃で燻製 ・熱燻:80℃以上で燻製 【30分位で簡単に作れる熱燻製】 熱燻製の最大の特徴は短時間で作れるという事。焼きながら燻すといった感覚です。 熱燻法による燻製はチキンや魚などを丸ごと調理する場合などのアウトドア料理として利用されることが多いです。 熱燻製とは、燻製のやり方の一つ。本来燻製とは食材を保存するための方法なのですが、熱燻製は保存食を作るというより燻製風味を付ける調理方法と考えた方が良いと思います。魚介・肉類・加工品、食材ごとに熱燻製のレシピをまとめたインデックスページです。