私たち日本人は、海外、特に欧米では上司をファーストネームで呼び 英語の手紙や電子メールを書く際、宛先が外国人の先生であるなら、敬称の「先生」にあたる英語表現を適切に選びましょう。 日本語の「先生」は意外と幅広く使える敬称です。英語で表現するなら場面に応じた表現の使い分けが必要です。 英語のメールの書き方には一定のマナーがあります。 日本でも目上の人に対する礼儀があるように、フランクだと思われる海外の上下関係でも、礼儀があります。 今日は、そんな 外国人上司に対する、適切な挨拶の方法 について紹介します。 初対面の外国人上司に対する挨拶. 丁寧な英語の表現を10個厳選して紹介します。日本語に、丁寧な表現と失礼な表現があるように、英語にも丁寧な表現と失礼な表現があります。この記事を読んで、目上の人や仕事の相手などと話すときは丁寧な英語を活用してください。 英語を使って「ありがとう」と伝える場面は結構あると思います。メールだったり会話だったりシチュエーションも様々ですが、上司や目上の人にありがとうと伝えるときには失礼にならないようにした … 英語には敬語が存在しないことをお伝えしましたが、どのような表現をすれば丁寧語表現となるのでしょうか。 例をあげて解説します。 Helloは誰もが使う挨拶の言葉ですよね。友人に会った時や目上の人にあった時でも同様にHelloを使っていると思います。