高濃度ビタミンc点滴療法(がん治療) 1970年代にビタミンCの点滴と経口サプリメントで、ビタミンCの投与が末期進行がんの患者の生存期間を4.2倍から6倍も延長することが医学誌に発表されました。 しかし、この超濃度ビタミンc点滴療法。 かなり高い。 ガン患者には1回で50g以上が推奨されているようで、75g、100gと状況によってビタミンCの量は増えていく。

高濃度ビタミンCで癌治療の詳細ページです。 ... ヒトの膵臓ガン(Mia PaCa-2)、悪性黒色種( SK-MEL-28)、大腸ガン(SW-620)、骨肉腫(U-2-OS)の培養細胞はビタミンC濃度が400 mg/dLに達すると死んでしまいます。 ビタミンCは口からいくらとっても、0.2ミリモルをこえることはないといいます。 しかし、ビタミンCを直接、血液中に注入すれば、ビタミンCの血中濃度を2ミリモルまで挙げられます。それを利用したのが、ビタミンC超高濃度点滴療法です。 沖縄の特産品で、今では日本中の食卓で親しまれているゴーヤ。近年、このゴーヤにがんの抑制作用があるのでは、と注目されています。ここでは、ゴーヤが持つがんへの働きについて、科学的根拠を交えながら詳しく解説しています。 友人が膵臓癌が見つかった時は余命3か月と言われその3か月後に亡くなりました。膵臓癌は見つかった時は大抵手遅れだそうですね。それなら発症は余命3か月と言われた時点の何ヶ月前前になるのでしょうか。発症時点で発見すれば助かるのでしょか。 ビタミンCは口から摂取できるのでは? なぜ点滴での投与なのか? 通常、成人の場合1日のビタミンCの必要量は100mgとされています。しかし人間はビタミンCを体内で作り出すことができません。 これは単にビタミンc不足以外の何物でもなかったのです。 1952年にエルンスト・T・クレブス・ジュニア博士が壊血病と同様に 癌がビタミン、すなわち世界中で1200以上の食用植物から発見されるビタミンB-17の欠乏によって引き起こされた事を発見しました。