貸借対照表の構造 貸借対照表は、会社の財政状態を表します。貸借対照表は誰からお金を調達してきたのか(資金の調達源泉)、そしてそのお金を何に使っているのか(資金の運用形態)を表します。それゆえに、資産と負債と純資産の3つの要素をもちます。 貸借対照表は、大きく5つのブロックに分けて把握すると、財政状態を把握しやすくなります。 また、貸借対照表は、流動資産や流動負債の区分の中でも、流動性の高い項目を上位に表示します。流動性とは、簡単にいえば「容易か否か」という意味です。 貸借対照表は大きく左側の「資産」の部、右側の「負債」・「純資産(※青色申告決算書では「資本」と表記)」の部に分かれています。 この両者それぞれの合計金額は、複式簿記の仕組みの上で必ず同じ金額になります。 資産の部は、①流動資産、②固定資産、③繰延資産の3つに分かれます。 ①流動資産:現金、預金、受取手形、売掛金、有価証券、商品(在庫)など. 貸借対照表において、資産の部の中でも以下のように区分されます。 流動資産. 資産の部 = 負債の部 + 純資産の部.

となります。 貸借対照表例と詳細 (a)資産の部. 簿記で使用される勘定科目にはいろいろなものがあります。貸借対照表に記載される流動資産の部の中から「現金及び預金」について全3回で説明したいと思います。今回は第2回目で当座預金の会計処理方法、当座借越の会計処理方法について説明しています。 本節では、資産・負債・純資産とは何かを説明した後で、具体的に貸借対照表をどう作るかを見ていきます。 資産にはどんなものがあるか 資産とは、企業が所有する現金・商品・建物・土地・債権などの財 … >貸借対照表で【資産の部】の現金がマイナスになっています… 貸借対照表の前に「現金出納帳」ではどうなのですか。現金がマイナスとは、打ち出の小槌があることであり、通常はあり得ません。 企業が保有する資産のうち、貸借対照表日の翌日から1年以内に現金化あるいは費用化する資産の事を言います。 「流動資産(負債)」と「固定資産(負債)」 流動資産 資産のうち1年以内に現金化されるものを指します。現金や預金はもちろんですが、販売用の商品や売掛金(顧客から回収するお金)も通常は流動資産にあたります。