今年初受験の科目を受けられる皆さんには、↑こうならないためにも過去問をしっかりと解いておくことを特にオススメします! 知らない論点には惑わされないように! ちなみに、過去問を解いていると今まで見たことが無い論点がいっぱい出てきます。 数検3級を受験される方は多いと思います。しかし、その中で、どの問題が中1での問題で、どの問題が中3で新しく習う問題かを意識して対策している人は多くないと思います。数検という相手を見極める学習法というものをご紹介します! 資格試験において過去問の重要性というのは、非常によく語られています。行政書士試験においても例外ではなく、過去問をやらなければ合格できないという人もいれば、過去問は何回やっても合格できないという意見もあります。真相が気になるピヨ? 過去問対策が本当にうまい人は、解答に至るプロセスをきちんと分析するのでぜひ自分の志望校の過去問でやってみましょう! *関連記事 過去問対策の基本は最も「速く」「効率的」解く方法を見つけること 過去問の点数を出す意味がない3つの理由