【性格の不一致】とは何かを徹底解説!離婚したいという方の8割は「特に理由もない」というのが現状で、離婚原因ランキングの1位となっています。この記事では、性格の不一致で離婚する夫婦のホンネに迫るとともに、進め方や慰謝料請求が出来るのかなどをご紹介します。
性格の不一致が原因で離婚する場合、子供の親権者はどのようにして決めるのでしょうか?この場合には、子供の親権者としてどちらが適切であるかという観点から決められます。 『性格の不一致』をかかげて、いざ離婚!といきたいところですが、実は『性格の不一致』は法的な離婚理由になりません。性格の不一致では誰も悪くないので慰謝料ももらえないことも。。。リスクや親権について詳しくご説明いたします。 離婚原因が「性格の不一致」の場合の解決事例です。裁判にて離婚が認められるような、強い離婚原因がない場合でも、協議での離婚成立は可能です。協議は、弁護士が介入することで交渉がスムーズに進む場合が多いです。離婚問題でお困りの方は、交渉に強い弁護 性格の不一致を理由に離婚する場合、協議離婚や調停離婚であれば、比較的スムーズに問題は解決できるでしょう。しかし、話し合いがまとまらず「裁判離婚」をする場合は、手続きが複雑な上に時間もかかります。
性格の不一致を理由に離婚する方法. 性格の不一致と親権. 離婚理由として「性格の不一致」が多く挙げられます。離婚時に夫婦の一方による不倫や暴力などの明確な離婚原因がないときには、この理由に包括されることもあります。性格の不一致による離婚は、夫婦の一方に原因のあるものではなく、双方の合意による離婚となります。 性格の不一致による離婚では、離婚になったこと自体への慰謝料と、離婚の原因を作ったことに対する慰謝料を請求していきます。 但し「性格の不一致」では、慰謝料を支払いが認められないケースが多く、0円になることがよくあります。