ワークシートの行や列をグループ化すると、アウトラインによって明細などを折りたためます。たとえば、行をグループ化するとこんな感じ↓。 間に小計が含まれるようなリストで、明細部分を折りたたんで利用できます。 Excel(エクセル)でプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)を作成する2つの基本的な手順と、プルダウンリストの視認性を上げて使用しやすくするための応用手順2つをご紹介します。慣れてしまえば難しい操作ではありませんので、この機会に操作方法を覚えておきましょう。 クエリエディターでは、1つ以上の列の値に従って行をグループ化することで、さまざまな行の値を1つの値にグループ化することができます。 Power Query には2種類の [グループ化] 操作があります。集計関数を使って列を集計するか、または行の操作を実行します。 エクセルの「グループ化」の機能で行や列を折りたたみます。複数階層のグループ化についても紹介。Excelのグループ化なら、折りたたみ・展開の切替えはワンタッチで簡単!グループ化 で見やすい、そして機能的な作表に挑戦しましょう。 グループ化して集計するデータのリストがある場合は、最大8レベルのアウトラインを作成できます。 アウトライン記号の中で大きい数字で表される内側の各レベルに、小さい数字で表されるすぐ外側のレベルの詳細データが表示されます。 グループ化と組み合わせて使う. Excel 2016でドロップダウンリストから選択して入力する. この項の方法と上の「リストの切り替え」との併用はできませんので、ご注意ください。 VBAを利用すれば可能です。Excel(エクセル) VBA入門:入力規則を設定するをご覧ください