1. ループ再生 最後のスライドに自動切り替えを設定すると、最後のスライドが終了した後に自動的に1枚目のスライドに戻り、ループ再生ができます。 ループ再生をしたくない場合は、最後のスライドの「自動的に切り替え」のチェックを外します。 Google スライドのプレゼンテーションでの空白画面への切り替えと、自動再生の切り替わり時間オプションの設定 2019年9月6日金曜日 この記事は 8 月 27 日に英語版ブログに掲載された記事 を翻訳したもの … リハーサルを行うことでも[自動的に切り替え]のタイムが入ります。 これにより、スライド ショーを実行すると、設定された時間になると自動的にスライドが次に移ります。 <自動プレゼンテーション> せっかく作成したスライドショーは、Webサイトに埋め込んで観覧可能にしてみてはいかがでしょうか? まず、Webサイトに埋め込むとこのように表示されます。矢印をクリックしていけばスライドが進み、自動で再生させることも可能です。 Googleスライドというものをご存知でしょうか??最近はあまり使用していないですが、以前はGoogle Driveに付随しているGoogleスライドという、Google版パワーポイントとも言えるアプリケーションをよく使う機会がありました。 プレゼンテーションを開始 プレゼンテーションを開始するには、画面上部の[プレゼンテーションを開始]をクリックします。 画面が切り替わり、プレゼンテーションが開始されます。 キーボード[←][→]でページ移動できます。 2. スライド シュー中、特定のスライドが現れたとき、音楽やその他のオーディオを自動的に再生するように PowerPoint に指示できます。 プレゼンテーションのスライドに移動すると、さまざまな方法で自動的に再生できます。 Googleフォトを使うときに「保存している写真でスライドショーってどうすればいいの?」と、考えたことはありませんか?そこで、この記事では、Googleフォトでスライドショーをする方法について解説 …