LINEのトーク画面で送られてきたリンク(URL)をタップすると、LINEの内部ブラウザでサイトが開いてしまいます。しかし、LINEの内部ブラウザはかなり使い勝手が悪いので、送られてきたリンクはSafariやChromeなどの外部ブラウザで開くのがオススメです。

実は、この自動的にlineアプリ内ブラウザでurlを開くという機能は、2016年7月時点で無効にする方法がありません。 ※今後改善される可能性はあります。 ですので、今まで通りのアプリやブラウザで開く方法を紹介します。 いつものブラウザで開きたい場合 LINE URLスキームを使って、ユーザーに特定のコンテンツを開いたり特定の動作を実行したりさせることができます。URLスキームは、iOSまたはAndroid版のLINEでサポートされます。Webアプリ、モバイルアプリ、またはボットアプリでURLスキームを利用できます。 通常、LINEのトークで送受信したリンク(URL)をタップするとLINEアプリ内ブラウザで表示されますが、LINEアプリのバージョン9.12.0ではこれを直接Safariで開くことができる設定が登場しました。