Wordでページ番号を付ける時、通常は全てのページに表示されますが、目次や表紙を除いて途中からつけられると大変便利ですよね。この記事では、Wordでページ番号を途中から付けるための対処法で、簡単ですぐに試せる方法をご紹介します。 Wordでページ番号を挿入して文書を作っているのですが、3ページまでは普通なのですが4ページ目以降は何故かページ番号が2以降に戻ってしまいます。どうしたら4ページ目からもきちんと4ページのページ番号になるでしょうか?どなたか Wordを使っていて、ページ数が多くなると一目でわかるようにページ番号を付けていきたいものです。そこで今回は、Wordでページ番号の設定方法や、途中からページ番号を付ける方法や削除する方法について紹介していきたいと思います。 Wordで行番号を表示させると、1ページにあるいはすべてのページで何行あるかを確認できます。行数を確認できるとその番号を指定して閲覧・編集することも容易です。この記事では、Wordで行番号を表示させ、途中からでも5行おきにでも表示する方法をご紹介します。 セクションの区切りを使えば、同じ文書内で異なるページ設定をすること可能です。 文書の途中からページ番号を設定したい 投稿日:2017年1月25日 更新日: 2019年10月20日 Wordの[ページ設定]ダイアログボックスには、[先頭ページのみ別指定]の項目があり、このチェックボックスをオンにすると、先頭ページにはページ番号などを表示しないようにすることができます。 50ページある書類で1ページから3ページは目次です。目次には、目次用に1から3ページのページ番号を振り、4ページ目からページ番号をまた1から入れることはできますか。 a. Word では文書の行数を自動的にカウントし、テキストの各行の下に適切な番号を表示することができます。 これはスクリプトや法的な契約などの文書で、特定の行を参照する必要がある場合に便利です。 文書を作成していて表紙や目次などにはページ番号を表示させてたくないような場合は、途中からページ番号をつけることができます。 そうすると目次も見やすくなり、本文も探しやすくなりますね。今回はその、表紙や目次以外のページから . Word(ワード)では、「表紙を目次を除いて3ページ目にページ番号『1』を付ける」というように、途中のページからページ番号を付けることができます。表紙ページだけページ番号を挿入しない方法も併せて見てみましょう。 ワードで作成した文書の途中に、ほかの印刷物を入れる場合、ページ番号はどのようにして飛ばしていますか。途中からページ番号を変える場合は、セクションを使います。「セクション」とは、文書内で異なるページレイアウトを使うためのしくみです。