以降、「Fedora 16 のインストール ~Linuxカーネル3.1、GRUB 2、GNOME 3.2等を採用~」を参照にしてインストールします。 USB外付けハードディスクから起動. 解決したい問題外付けHDDにLinux Mintをフルインストールしたいと考えているが、インストール時にHDDの領域をext4に割り当て、インストールを押すと、ext4領域の作製に失敗したと表示され、インストールできない。 ちなみに、用いているHDDは以前データ保存用に用いていたもので、

外付けのUSBメモリにインストールしますので、現在使用している内臓ドライブのWindowsシステムには全く影響はありません。 「WindowsSubsystem for Linux」で、bashが使用できるようになったので特に必要がないかもしれませんが・・・ このインストール方法で使った時の環境は次の通りです。 ・使用OS : macOS Catalina 10.15.1 (64bit) ・インストールするLinuxのバージョン : Ubuntu 18.04.3 LTS ・外付けUSB(SSD) : シリコンパワー 256GB SSD と ORICO 2.5inch HDD/SSDケース (USB3.0規格) virtualboxをインストールする 内蔵hdd(中身は全て消去されます)、外付けのusbメモリやhdd(中身は全て消去されます)、 にインストールする方法について説明します。 外付けHDDに、Ubuntu,Ubuntu Studio,LinuxMintなどをインストールして運用してます。 パソコンが有る環境なら、Linuxが起動出来、便利に使用してます。 インストールの手順で「その他」を選んで、インストールです。 ブートローダーのインストール先に要注意です。 内蔵hddを戻す。 これで、外付けhddを接続した場合のみ、外付けhddから起動できるようになります。 (オプション) nvidia ドライバーをインストール. hddやusbメモリへのlinuxイメージのインストールと実行. 今回はPC本体にWindows10、外付けSSDにWindows7をインストールして切り替え可能にする手順を書いておきます。滅多に使わないけど…とか、遊びで外付けディスクからOSを起動したい場合は試してみて下さい。今回は下記のソフトを使用し