データ・ログ・バックアップファイルののデフォルト保存場所を必要に応じて変更し、[OK]をクリックします。 4. 本エントリーの目次. 再度 SQL Server Management Studio のオブジェクトエクスプローラで変更したいデータベースサーバを選択し、右クリックで [再起動]します。 こんな感じで、バックアップは必ず【Microsoft SQL Server】フォルダの中に保存しなければならないということはありません。 保存先とファイル名が決まったら 【OK】ボタンを押します。 バックアップ先の選択画面に戻ってきました。 バックアップファイルの配置先を検討. 7.デフォルトのバックアップ先のパスとファイル名よければ、そのままでokですが、 変更したい場合は、デフォルトのバックアップ先を選択し、【削除】をクリック 8.【追加】をクリック 9.バックアップ先の選択画面で、↓の赤枠部分をクリックします。 Windows Server 2003、SQL Server 2000の環境でデータベースの定期的なバックアップを考えています。バックアップ先はテープドライブとディスクは選択できるようなんですが、ネットワーク上の他の共有フォルダにバックアップを取ることは 3. 以前、SQLTO で [SQL Server のバックアップとリストアの基礎] というセッションを担当させていただきました。ブログではバックアップについてまとめたことがなかったので少しまとめてみたいと思います。 1 Windows Serverのバックアップを安価・手軽に取得するなら、Windows Server バックアップ!; 2 バックアップ履歴がすべて消失することがある!; 3 一時的とはいえ、バックアップがない状態になるのは問題!; 4 複数の保存先にWindows Server バックアップを取得しておけば安心! バックアップしたファイルをどこに配置するかを検討します。 SQL Serverが稼働する端末と、バックアップしたファイルを配置する端末は必ず別にします。 Windows 7のWindows バックアップで保存先の容量が足りなくなった場合の対処方法. SQL Server 2000EnterpriseManagerManager使用1.念のためバックアップ採取2.データベースのデタッチを行う デタッチしたいデータベースを右クリック→すべてのタスク→データベースのデタッチ3.データファイル(データベース名_Data.MDF)とログファイル(データベース名_Log.LDF)を移 … SQL Server 2014 Expressを使っています。データベースファイルの作成場所を移動しようと、SQL Server Management Studioから(local)\mssqllocaldbのプロパティを開き、「データベースの設定」から「データベースの既定の場所」を編集した(編集は可能になっています)のですが、 121ware.com > サービス&サポート > Q&A > 情報番号 011964.